×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いびき予防枕!これで気兼ねなし!

このエントリーをはてなブックマークに追加
>
寝ているときに、無意識のうちにかいている
いびき。周囲の人の睡眠を妨げるだけでなく、
自分の体のSOSサインである可能性もあります。
いびきはどのようにして発生するのでしょうか。

いびきとは
寝ているときに起こる症状で、呼吸の空気の
通り道である上気道がなんらかの原因によって
狭くなってしまい、気道の粘膜が空気を振動させ
音を発生させることを言います。

いびきをかいてしまう原因


舌が大きい、扁桃が肥大している、肥満体型で
あるなど、体の特徴によるものや、
アルコールの過剰摂取や睡眠薬・安眠剤の内服、
ストレス過多、鼻づまりなど、そのときの体の
状況によるものなどがあげられ、
人によってさまざまです。

いびきが関係する病気や症状
いびきには、なんらかの疾患が大きく影響して
いる可能性があります。
一例として、喉頭がんや舌のがん、脳腫瘍など
脳の疾患なども、いびきを引き起こす原因と
なり得ます。

激しいいびきによって、もっとも多く発症
するのは、睡眠時無呼吸症候群です。
これは、寝ている最中に呼吸が一時的に
止まってしまうもので、快眠を妨げ、
集中力や記憶力の低下、慢性的な疲労を
起こします。そして、重篤な病気へ進行する
危険性もあるのです。

いびきを防ぐ方法
日常生活での心がけが大切になります。
規則正しい生活をし、寝室の環境を整える
日常的に鼻呼吸を意識するなど、

気道にスムーズに酸素を送りこむことが
重要です。

自宅でできる!いびきの防止・対策法


日常生活のちょっとした心がけによっても、
いびきが軽減される場合があります。
では、普段の生活でどのようなことに気を
つければいいのでしょうか。

日常生活から改善を目指す方法
人によっては日常生活での心がけによって、
いびきが改善されるケースもあります。
たとえば、肥満体型の方は、のどの脂肪に
より睡眠時に気道が圧迫されるため、
うまく呼吸ができずにいびきが発生して
しまうのですが、減量することによって、
いびきがなくなることもあります。
また、飲み過ぎストレスを溜め込むこと
なども、いびきの原因につながります。
飲酒は適量にとどめ、なるべくストレスを
溜め込まないようにしましょう。

睡眠時にできる工夫
睡眠時に少し工夫することで、いびきを軽減
できる場合があります。
まずは、寝室の環境を整えましょう。
朝と晩で寝室の温度差が激しかったり、
空気が乾燥していたりすると、呼吸に影響を
与え、いびきが発生しやすくなります。

また、眠るときは仰向けで眠ると上気道が
狭くなりいびきをかきやすくなるので、
横向きで眠る習慣をつけるのもおすすめです。
口呼吸は口腔内で空気を振動させいびきを
発してしまうので、鼻呼吸を心がけましょう。

寝具による改善


寝具を変えることによって、いびきが解消
されるケースがあります。

特に睡眠時には非常に重要な役割を果たし
ます。
自分に合わない枕を使用していると、
とても呼吸しづらい状況で眠っていることに
なります。高すぎても低すぎても気道を
塞いでしまうので、以下のポイントを考慮して、
自分に合ったものを選ぶことが大切です。

・頭の位置が安定していて、首に圧迫感がない
・肩、背中、腰が布団から浮かずに接する
・柔らかすぎず、硬すぎない

さらに、自分に合った敷布団やマットを使用
すると、
睡眠時に横向きの体勢になりやすく
なります。快適な眠りを得ることで、
いびきが改善される可能性もあるので、
普段心地よい眠りが実現できていないと
感じたら、寝具を変えてみるのも
ひとつの方法です。



使うほど
分かるこの良さ
あなたにも!




出典
http://www.skincare-univ.com/article/013165/

リンク集

まとめ

Twitterまとめ